釜山港灣公社のビジョン 페이지 비주얼이미지
HOME 釜山港灣公社 釜山港灣公社のビジョン

釜山港灣公社のビジョン

戦略およびビジョン

中長期釜山港・BPA戦略の基本方向

釜山港
効率的な物流ネットワークを確保し、 2025 年までに貨物取扱量 3000 万 TEU を達成するという量的成長とともに、海洋港湾産業で将来の成長の原動力となる基盤を作リ、継続的な付加価値と雇用が創出される「メガハブポート」へ 躍進
BPA
港湾の社会的価値をリードするリーダーシップを確立し、釜山港の成長を促進し事業の多角化、組織の一流化、専門性を強化した世界最高水準の経営システムを構築し、顧客と共に成長し世界的な「グローバル総合港湾専門企業」に発展
 

戦略体系図

전략 및 비전의 중장기 부산항·BPA 전략 기본 방향으로 상세설명글 참조

ビジョン

  • 国民から愛されるグローバルハブ港湾企業

共有価値

  • 核心価値 : 挑戦、創造、協力
  • 機関長の経営方針 : 人中心、革新成長、共生協業、顧客尊重

2030経営目標

  • トランシップ貨物の割合60%(貨物)
  • 観光客1000万人(人)
  • 関連産業の付加価値割合30%(産業)
  • 成長産業の売り上げ1000億ウォン(組織)

4大戦略方向

3大ハブ化戦略(釜山港)

    • グローバル物流ハブ, 海洋観光・ビジネスハブ, 海洋関連産業ハブ
    • 世界2大トランシップ貨物拠点港に育成, 北東アジア海洋観光ゲートウェイ建設, 港湾産業サービスの競争力向上
    • 貨物取扱量の増加, 観光客集客、親水空間, サービス高付加価値化

戦略課題(12)

    • 新港-北港特化戦略を通じた効率性の向上, 地方公共団体と共同で行う港湾再生基盤づくり, 港湾関連産業の成長支援
    • 高付加価値スマート港湾インフラのタイムリーな整備, 釜山港の資産を活用した新海洋観光の活性化, 第4次産業と連携した高付加価値港湾産業の育成
    • 国際物流ネットワークの強化で釜山港の集荷能力向上,