紹介 페이지 비주얼이미지

紹介

釜山新港を先端港灣として開發し、釜山を東北アジアの物流中心港灣にします。

釜山新港は現在、23ヵ所のコンテナ埠頭を運營しており、ユビキタス港灣という高付加価値事業を進めています。計画された埠頭45ヵ所(コンテナ埠頭 40ヵ所 + 一般埠頭 5ヵ所)がすべて運營されるようになれば、釜山新港は期待收益4千2百40億ドルを創出する確實な見通しのある物流中心港灣になります。

Busan North Port

  • 位置釜山加德島、江西區龍院洞、鎮海区安骨洞、齋德灣 、熊洞灣地域一帶
  • 事業期間1995~2020(25年)
  • 事業內容コンテナ埠頭など45桟橋、背後敷地 944萬m2
  • 總豫算1千6百7十億米ドル (Government : 7.45, Private : 9.27)

期待效果

  • 良質の港灣サービス提供
  • 輸出入貨物を圓滑に處理し物流費を節減、國家競爭力を向上
差別化した
最先端港湾
  1. 01新港の水深は17m以上と深く、1万TEU級以上の超大型船舶の接岸に便利
  2. 02自動化されたゲートシステムを備え、年中無休でヤードを運営
  3. 0340フィートコン テナ2個を 同時に処理する タンデムクレーン など、 最先端の 荷役装備を活用して 35個/h以上の 高いクレーン生産性を持つ 未来型機能の港湾