Busan Port Authority

紹介 페이지 비주얼이미지

紹介

釜山港國際船用品
流通センター

釜山港國際船用品流通センター

釜山港国際船用品流通センターが船用品流通市場の新しい未来を開きます!

2012年8月に竣工された建築延べ面積33,455.21㎡、地上5階建ての釜山港国際船用品流通センターは、最新設備の倉庫とオフィス、サポート施設を備えた超現代式施設と、空港や港湾、鉄道などの完璧なインフラを構築しています。

137年の歴史を持つ世界三大幹線航路に位置する釜山港の確固たる立地条件をベースに、船用品供給会社の統合と価格競争力の強化を進め、2020年までに純粋船用品の売上高一兆ウォン、国際船用品購買協会(IMPA)のカタログ登録品目のうち72%を保有した、東北アジアの中心となるグローバル船用品基地を築く計画です。

Complete infrastructure maximizes distribution creation

釜山港国際船用品流通センターは、釜山広域市影島区に位置しています。港湾施設や釜山地域の船用品会社などの周辺施設に隣接した地理的な利点があり、クラスター団地の造成やワンストップ行政サービス、有機的な物流港湾サービスなどを整え、船用品の供給と流通の効率性を極大化しています。

6Reasons to choose the BISC
  • 世界最高レベルの港湾に位置
  • 投資収益率が最大
  • 船舶用品会社の空間クラスタ化
  • 最適なユーティリティと専門性
  • FTZ(自由貿易地域)の利点
  • 広報効果の増進

概要

広報パンフレットのダウンロード
  • センターの位置釜山広域市影島区南港洞2街16番地一帯
  • 建築概要延べ面積 : 33,455.21㎡(地上5階)
    敷地 : 26,119.60㎡
  • 事業費と事業期間280億 / 2010.2~2012.8
  • 施設冷凍施設、冷蔵施設、重量貨物用、倉庫、一般倉庫、オフィス パンフレットのダウンロード