利點 페이지 비주얼이미지

利點

釜山港国際船用品センターで驚くべきシナジー効果が経験できます。

釜山港国際船用品センターは入居者に安い使用料と減免特典などの様々なサービスを提供しているだけでなく、 釜山港国際船用品センターのブランド効果と港湾産業の集積化により優れたシナジー効果を創出しています。

経済的な使用料

外国G港 30,000 3,520 釜山港国際船用品センター > 1/10 他港比

釜山港国際船用品センターの平均施設使用料は3,520ウォンで、他港の使用料30,000ウォンの11.7%

敷地賃貸料

外国人投資金額によって㎡/月150~180ウォン

管理費

㎡/月1,856ウォン

建物使用料(㎡/月)
建物使用料(㎡/月) 敷地賃貸料
1階倉庫 2、3階倉庫 オフィス 敷地
冷凍冷蔵 3,958 2,958 3,542 300
重量物 3,625

自由貿易地域の特典

自由貿易地域にある釜山港国際船用品流通センターは、港湾産業の集積化によりシナジー効果を創出し、国際海上物流サービスの競争力を強化しています。

自由貿易地域の特典
区分 内容
直接税減免 減免対象
  • 1千万ドル以上の投資外国製造企業
  • 500万ドル以上の投資外国物流企業
減免内容 法人税、所得税、取得税、登録税、財産税、総合土地税を3年間100%免税、その後2年間50%減免(外国人投資促進法 第9条と第121条の2)
間接税免除と還付
  • 入居会社の自由貿易地域搬入外国物品に対し関税免除
  • 入居会社が搬入した国内物品と自由貿易地域内の企業間の取引については、ゼロ税率の付加価値税を適用
物流活動の申告手続き簡素化 自由貿易地域内では登録会社間の物品移動や譲渡、外国物品の使用/消費及び補修作業など各種付加価値物流活動に対する税関申告手続きの簡素化

センターの卸売法人設立

  • 会社別の調達体制で共同購入、配送体制構築(運送路線の多様化、各種経費の節減)
  • 取扱品目の多様化による会社の大型化、専門化、メーカーとの直取引による画期的な単価引き下げ効果
  • 入居会社の一定金額以上の卸売法人資本出資を誘導し、卸売法人の共同責任具現と規模の経済力確保

ブランド効果による個別会社の広報効果

  • 国際船用品流通センターという建築物自体が需要を発生させるマーケティング機能
  • 集積化による広報効果とブランド価値の向上
  • BPA、釜山市などと共同で広報マーケティング活動を展開
  • 船用品流通センター内の展示広報舘を利用
  • 共同広報ウェブサイトの構築で広報効果

入居申請資格 : 港湾運送事業法第26条の3による港湾運送関連事業登録と釜山地方海洋港湾庁に物品供給業の申告 を済ませ、関税法第222条と同法施行令第231条により物品供給業(船用品)として登録を済ませた会社